NNA ASIA

11月の卸売業売上高、10カ月連続マイナス成長

台湾経済部(経産省)統計処が23日に発表した11月の卸売業・小売業・飲食業統計によると、卸売業の売上高は前年同月比4.5%減の7,952億台湾元(約2兆9,422億円)だった。調達代理業務の不振や電子部品の需要低迷を受けて、全体の約4割を占める「機械器具業」の売上高が7.1%減ったことなどが響き、10カ月連続のマイナス成長となった。

NNAからのお知らせ