NNA ASIA

アジア化繊会議、「量から質へ」と東洋紡社長

第9回アジア化繊産業会議が5月16~17日、バンコクで開かれ、アジア化繊産業連盟(ACFIF)に加盟する日タイなど9カ国・地域から総勢約210人が参加した。坂元龍三・日本化学繊維協会会長(東洋紡社長)は、2016年に大幅な供給過剰になるとの見通しを示した上で、「アジアで所得が向上しており、化繊産業も量から質への転換が必要」と訴えた。