NNA ASIA

10~12月の完成工事高27%増、土木工事好調

統計局が15日発表した建設統計によると、昨年10~12月(第4四半期)の完成工事高は224億5,752万リンギ(約6,700億円)となり、前年同期比27.2%増加した。全体の4割を占めた土木工事がけん引役になった。政府の経済案件でインフラ需要が増加していることが背景にあるとみられる。完成工事高は前四半期比では10.1%増加した。