台湾新成長~大規模経済政策がもたらす巨大商機~

Growth tw
蔡英文政権の2期目が始まり、台湾経済は新たな局面に入った。各種産業のハイエンド化や“アフターコロナ”を見据えた経済振興を進めたい政府の大号令の下、域内には巨額の資金が流れ込むと予想され、日本を含む外資にとっても商機が拡大する流れにある。今連載では、政府が今後の経済成長エンジンと捉える各分野にスポットを当て、現在の実情と未来の展望を探る。
すべての文頭を開く

【台湾新成長】外資系大手の投資が活発化 回帰投資が生む経済変革(下)(10/07)

投資台湾事務所の張銘斌執行長は、台湾企業の回帰投資が外資系大手の投資誘致にもつながっているとみている=台北(NNA撮影)
【回帰投資編3】 台湾政府の回帰投資支援策に波及効果が表れ始めている。外資系世界大手による相次ぐ台湾…

続きを読む

【台湾新成長】設備特需、最低1.5兆円に 回帰投資が生む経済変革(中)(10/06)

「歓迎台商回台投資行動方案」の投資額のうち最低でも4300億元は生産設備の購入に流れる見通し(台湾三菱電機提供)
【回帰投資編2】 米中貿易摩擦に端を発した台湾企業の回帰投資が生産設備の特需を生み出そうとしている。…

続きを読む

【台湾新成長】建設業に2700億元流入へ 回帰投資が生む経済変革(上)(10/05)

米中貿易摩擦に端を発した相次ぐ回帰投資で、域内の建設業には2700億元の資金が流れ込む見通し(台北市政府提供)
第2回【回帰投資編1】 米中貿易摩擦を機に、台湾企業が域内での投資を積極化している。米国が中国に追加…

続きを読む

【台湾新成長】安定供給とコストに懸念 再エネ先進地を目指して(下)(09/18)

【洋上風力発電編3】 脱原発を見据え、洋上風力発電をはじめとする再生可能エネルギーを推進したい台湾政…

続きを読む

【台湾新成長】流れ込む巨額投資 再エネ先進地を目指して(中)(09/17)

洋上風力発電への投資額は25年までに1兆元に達するとの見方が出ている。写真はフォルモサ1の施工風景(JERA出資のFOWI提供)
【洋上風力発電編2】 台湾の洋上風力発電市場には2025年までに1兆台湾元(約3兆6,000億円)が投じられる…

続きを読む

【台湾新成長】台湾の洋上風力発電を日本へ 再エネ先進地を目指して(上)(09/16)

JERAが参画する洋上風力発電所「フォルモサ1」=苗栗(NNA撮影)
新連載【洋上風力発電編1】 蔡英文政権の2期目が始まり、台湾経済は新たな局面に入った。各種産業のハイ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン