輸出管理厳格化から1年、その現状と展望は

Top kr
昨年7月1日に発表された日本政府による輸出管理の厳格化から1年が過ぎた。危機感を抱いた韓国は、自国の半導体関連メーカーによる国産化を推進する一方、日本企業の現地生産も進んだ。ただ、理想的とされる日韓分業体制が崩れたことも事実。この動きは将来的にどういう結果を生むのか。また、民間レベルでで巻き起こった日本製品の不買運動についても総括する。
すべての文頭を開く

【日韓対立】不買運動、双方に傷残す 輸出管理の厳格化から1年(下)(07/08)

19年8月の大規模な反日集会で、日本製品の不買を訴える男性=韓国・ソウル、19年8月15日(NNA撮影)
日本政府による対韓輸出管理の厳格化は、韓国国内で大々的な「日本製品の不買運動」につながった。日系衣料…

続きを読む

【日韓対立】日韓は分業体制の維持を 輸出管理の厳格化から1年(中)(07/07)

「日本の輸出管理の厳格化は韓国の産業界に大きな変化をもたらした」と話す安教授=6月30日、ソウル(NNA撮影)
韓国が進める半導体部品・素材での「脱・日本依存」の功罪について、リソグラフィーの第一人者で、エンジニ…

続きを読む

【日韓対立】政治が翻弄、企業に吹く逆風 輸出管理の厳格化から1年(上)(07/06)

昨年7月1日に日本政府が対韓輸出管理の厳格化を発表して以来、依然として日韓関係はこじれたままだ。韓国…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン