検証・東西経済回廊

Special program icon
インドシナ半島の産業大動脈に育つと期待された東西経済回廊が、活況にはほど遠い状況にあります。回廊上に産業基盤が乏しい上、ラオス発着や多国間の貨物輸送需要の規模がまだ小さいからです。日本政府やアジア開発銀行が描いた産業大動脈構想と足元の現実との開きを検証します。
すべての文頭を開く

【東西回廊】ラオス活用、物流費低減が条件:検証・東西経済回廊(下)(2015/09/17)

インドシナ半島の陸送で、荷主企業は物流費が高すぎると一様に指摘する。半島の物流ハブを目指すラオスは内…

続きを読む

【東西回廊】片荷続き、活況ほど遠い:検証・東西経済回廊(上)(2015/09/16)

インドシナ半島の産業大動脈に育つと期待された東西経済回廊が、活況にはほど遠い。回廊上に産業基盤が乏し…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン