流通構造の実態

200214 icon
特有の商習慣や島しょ国という地理的特徴により攻略が難しいフィリピンの流通市場について、コンサルティング会社アーサー・ディ・リトルの専門家が解説する。

筆者紹介

アーサー・ディ・リトル・アジア プリンシパル 梅林 光紘(うめばやし みつひろ)
1983年生まれ。日本国内の損害保険会社勤務ののち、戦略系および総合系のコンサルティング会社を経て、2020年1月からアーサー・ディ・リトルに転職。フィリピンをはじめとした東南アジア諸国連合(ASEAN)に、既に進出または進出を検討している日本企業にコンサルティングサービスを提供している。東南アジア地域でのコンサルティング経験は7年以上あり、消費財や建材を中心とした企業の流通戦略の策定支援は多数。
すべての文頭を開く

【流通構造の実態】第7回 進歩する伝統小売りのデータ収集(08/14)

前回までは、フィリピンの日用品や食品の一般的な流通構造について、トラディショナルトレード(TT、伝統…

続きを読む

【流通構造の実態】第6回 棚取りが特徴的なモダントレード(07/10)

これまでは、フィリピンにおける日用品や食品の一般的な流通構造や、トラディショナルトレード(TT、伝統…

続きを読む

【流通構造の実態】第5回 場所に応じた効率的な配荷手段(06/15)

前回はトラディショナルトレード(TT、伝統的小売業)に対して強い営業力を持つために重要な3つのポイン…

続きを読む

【流通構造の実態】第4回 2種類のディストリビューター(05/08)

前回はトラディショナルトレード(TT、伝統的小売業)に対して強い営業力を持つことが、高いシェアを獲得…

続きを読む

【流通構造の実態】第3回 伝統小売り攻略のポイント(04/17)

前回はフィリピンのトラディショナルトレード(TT、伝統的小売業)の特徴について述べ、どれだけ複雑で攻…

続きを読む

【流通構造の実態】第2回 伝統小売りの流通上の留意点(03/13)

前回は、大まかなフィリピンのモノの流通構造について解説した。今回は日用品の小売り販売に占める割合が7…

続きを読む

【流通構造の実態】第1回 フィリピンの流通構造を知る意義(02/14)

かつてアジアの病人と呼ばれたフィリピンは、2018年に1人当たり国内総生産(GDP)が3,000米ドル(約33万…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン