水ビジネス『開栓』~日本の海外戦略~

Special program icon
世界人口の増大に伴う水不足や、新興国での急激なインフラ整備需要を受けて関連事業の重要性が増している。日本もここ1~2年間で官民が一体となり、拡大する海外の水インフラ市場に乗り出す気運が高まってきた。日本の水ビジネスの現状・戦略について、シンガポールに進出企業の動向や専門家の意見などを交えて多角的に検証する。
すべての文頭を開く

【水ビジネス】水勝ち組へ、日系連合脱却を:専門家・融資担当者が提言(2010/07/20)

拡大する世界の水インフラ市場に切り込むため、日本の官民が本格的に関連事業の獲得に乗り出している。日本…

続きを読む

【水ビジネス】膜で実績積む日系水処理企業:世界市場見据えた実験場に(2010/07/12)

人口増大や急速な工業化などに伴う地球規模の水不足を解消する手段として、水ビジネスの重要性が増している…

続きを読む

【水ビジネス】87兆円市場へ日本政府本腰:水メジャーに対抗、民と連携(2010/07/07)

「水」に関する世界的なイベント「第3回シンガポール国際水週間(SIWW)」が今月2日、5日間の日程を…

続きを読む

すべての文頭を開く

出版物

各種ログイン