代替食品市場

Alternative meat
世界的な食糧問題を解決する手段として、大豆などを原料とする代替肉をはじめとする代替食品に対する注目が高まっている。特に人口増が予想されるアジアでの供給に商機があるとみる企業の動きが活発だ。シンガポールを拠点に域内の市場開拓を狙うプレーヤーの動向を紹介していく。
すべての文頭を開く

【代替食品市場】世界初の「培養エビ肉」製造 新興シオック、22年商用化へ(02/27)

エビの幹細胞から培養して作られたエビ肉を使ったシュウマイ(シオック・ミーツ提供)
シンガポールにとって2019年は「代替肉」元年とも言える年だった。代替肉とは食用肉に似た、あるいは同等の…

続きを読む

【代替食品市場】菌由来の代替肉でアジア開拓 英国発祥クォーン、現地生産も(01/30)

レストランで提供されているインポッシブル・フーズの代替肉を使用したピザ=29日、シンガポール中心部(NNA撮影)
シンガポールで代替食品市場に参入する企業が増えている。米国や香港のメーカーが、「植物肉」のレストラン…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン