豪州法務実務のベーシック

No image icon
 
すべての文頭を開く

【豪州法務実務のベーシック】[28]「豪州の民事訴訟の実務の概要(7)――法廷弁護士(バリスタ)とは?」(2008/04/23)

豪州でビジネスをしている過程で、たとえば契約条項の解釈、事実関係についての争いなどの紛争がこじれて来…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[27]「豪州の民事訴訟の実務の概要(6)――訴訟の送達はどのようになされるか」(2008/04/09)

「相手方(被告)」に裁判手続きが始まっていることを知らしめ、自分の弁解や言い分、主張を開陳(一般に「…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[26]「豪州の民事訴訟の実務の概要(5)――訴訟はどのような手続きから始まるか」(2008/03/26)

豪州のいずれの州でも、民商事について事実関係の争いか、主としていわゆる法律上の問題についての争いかを…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[25]「豪州の民事訴訟の実務の概要(4)――タテ糸(時系列)ヨコ糸(関係図)でまず整理」(2008/02/27)

双方に言い分があり、折り合いが付かないから法律紛争となり、裁判となるのが通常です。中には自分の側の理…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[24]「豪州の民事訴訟の実務の概要(3)――裁判所に行く前に。ADRの模索は必須」(2008/02/13)

時間がかかる、経費がかかる、人的資源がとられる、結論が読みきれず長い期間不安定となる、会社の評判に傷…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[23]「豪州の民事訴訟の実務の概要(2)――どのレベルの裁判所で扱うか。民事裁判で陪審?」(2008/01/30)

たとえばジョイントベンチャー契約の違反による行為の差し止めと数百万豪ドルの損害賠償を請求する訴状(Wr…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「豪州の民事訴訟の実務の概要(1)――まずはじめに」(2008/01/16)

第22回 いま手元に段ボール箱が約100箱あります。1年ほど前に終了した資源関係ジョイントベンチャー内での紛…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「新政権で労使関係法がいつ変わるのか――内容・運用の理解には時間がかかること必須!!」(2007/12/27)

第21回 11月の選挙で大勝した労働党新政権下の労使関係システムの本格的始動は2010年1月1日、つまり2年先と…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「パーティーシーズン到来――職場に関連がある限り雇用主にも責任あり」(2007/11/28)

第20回 従業員が会社の関与する催しで、セクハラばかりか日ごろの鬱積が開放感、酔いに任せていじめ(bullyi…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「株式発行と出資は同時ではない――JV相手とは適度な緊張関係を」(2007/11/14)

第19回 たとえば豪州内に会社を設立しての合弁事業(Incorporated Joint Venture)で、合弁事業がつまづき始…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「Consultation?Brokage?――いずれにしても依頼人の利益のために」(2007/10/31)

第18回 たとえば合併(M&A)の商談をまとめていくら、不動産証券の販売をまとめていくら、不動産の売買をま…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[17]「High CourtとSupreme Court――最高裁判所?高等裁判所?」(2007/10/17)

豪州の新聞などで「Supreme Courtの判断に不服なので許可を得てHigh Court of Australiaにappealした」とい…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[16]「“Constitution”は基本の法――会社の定款、連邦の憲法など様々な使われ方がある」(2007/10/03)

豪州の会社関係の法務では“Constitution”あるいは“Company's Constitution”という用語が頻繁に使われま…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「緊急特集!!『Workplace Relations Fact Sheet』の配布期限迫る―10月20日まで(2007/09/19)

豪州で設立登記された会社、「外国法人」として豪州で登記された外国法人を含む連邦の職場関係法の適用ある…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[14]「されど法律、されど契約――『法化社会』とビジネス」(2007/09/05)

第14回 法律は社会生活の規範の1つ、社会の1つの切り口に過ぎません。ビジネスも何から何まで契約を結んでや…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[13]「法律文書のサインは旅券と統一が鉄則――IDは自署と写真で」(2007/08/22)

第13回 「ローマ字(つまりアルファベット)、漢字のいずれで自署しますか」、「苗字、名前とも全部つづりま…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[12]「オフィス賃借の経費(法律費用)負担の現実――それなりの計画、準備が必要」(2007/08/08)

第12回 現地法人の新事務所設営などで会社のオフィスの賃借(commercial lease)をする時、この手の取引がは…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[11]「紛争の解決には事実関係の確認が出発点――事前準備は経費の大幅削減にも直結」(2007/07/18)

第11回 これは豪州の法務に限ったことではありませんが、何かビジネス上の法律的紛争ないしはその芽を感知し…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】[10]「不当解雇クレームが許されない100名以下の職場――日本本社の従業員も含まれるかどうか?」(2007/07/04)

第10回 現行の職場関係法は豪州内のすべての会社に適用されます。そこではまず、解雇が個別契約、旧来の「認…

続きを読む

【豪州法務実務のベーシック】「正当な主張はしっかりした足場で――利益相反関係の回避が先決」(2007/06/06)

第9回 たとえば、現地会社を巻き込んでのジョイントベンチャー(以下「JV」)で、「日本側」当事者複数の間…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン