インドの2019年10大ニュース

2019 top10
インドの2019年はどのような年だったのか。政治・経済・社会など多方面の視点から、この1年で起きた主な出来事を切り取ります。
すべての文頭を開く

【19年の10大ニュース】モディ政権2期目、初年から試練(2019/12/27)

5月の総選挙で続投が決まったモディ首相は、5年にわたり政権を担う=インド・西部グジャラート州(NNA撮影)
2019年はインドにとって経済と政治の両面で試練の年となった。5月の総選挙で与党・インド人民党(BJP)…

続きを読む

【第1位】総選挙で与党圧勝も景気低迷(2019/12/27)

4~5月に行われた総選挙(下院選、定数545)で、モディ首相率いる与党・インド人民党(BJP)が単独過半…

続きを読む

【第2位】自動車市場、販売減が長期化(2019/12/27)

インドの新車市場はローンの引き締めや所有コストの増加などを背景に、販売減が長期化した。インド自動車工…

続きを読む

【第3位】ヒンズー至上主義政策が進行(2019/12/27)

インドのモディ政権は、2019年にヒンズー至上主義の政策を力強く進めた。その結果、保守派のヒンズー教徒…

続きを読む

【第4位】RCEP離脱示唆、対中貿易赤字を懸念(2019/12/27)

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉が大詰めを迎えた11月、インドは各国の予想に反して離脱の方…

続きを読む

【第5位】中韓の自動車メーカー、インド事業を強化(2019/12/27)

8月に発売した「セルトス」は10月中旬までに予約台数が5万台を突破した(キア・モーターズ・インディア提供)
中国と韓国の自動車メーカーがインド事業を強化した。韓国勢は2018年まで現代自動車のみだったが、同社傘…

続きを読む

【第6位】インドからアフリカ攻略の動き活発に(2019/12/27)

ユニ・チャームがインドで生産する紙おむつの南アフリカ向けパッケージ(同社提供)
2019年はインドに進出した日系企業の間で、インドを足がかりとしてアフリカ攻略を目指す動きが活発化した…

続きを読む

【第7位】ユニクロ進出、「インドの可能性は無限」(2019/12/27)

1~3階から成る1号店の売り場面積は3,300平方メートル。柳井氏は「(インド1号店は)世界有数の広さの店舗だ」とアピールした(NNA撮影)
カジュアル衣料販売店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが10月に首都ニューデリーでインド1…

続きを読む

【第8位】日系コンビニ参入、20年はセブンも(2019/12/27)

インパクトホールディングス(東京都渋谷区)が8月、インドでの高級コンビニエンスストア事業「コーヒー…

続きを読む

【第9位】機材と資金、逆風吹き続けた航空業界(2019/12/27)

ジェット・エアウェイズは売却手続きを進めている=首都ニューデリー・インディラ・ガンジー国際空港(NNA撮影)
2019年のインドの航空業界は逆風が吹き続けた。エチオピアでの墜落事故で、3月に米ボーイング「737MA…

続きを読む

【第10位】首都圏の大気汚染、改善の兆しなし(2019/12/27)

5年以上前から問題視されているインド北部デリー首都圏(NCR)の大気汚染は、2019年も改善の兆しが見…

続きを読む

【番外編】日本とインド南部に直行便(2019/12/27)

日本の航空2社がインド南部と日本を結ぶ直行便の就航に動いた。全日本空輸(ANA)は10月27日、成田空…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン