フィリピンの2019年10大ニュース

2019 top10
フィリピンの2019年はどのような年だったのか。政治・経済・社会など多方面の視点から、この1年で起きた主な出来事を切り取ります。
すべての文頭を開く

【19年の10大ニュース】予算成立遅れ、成長の足かせに(2019/12/26)

施政方針演説(SONA)するドゥテルテ大統領=7月(大統領府提供)
2019年のフィリピンは、19年度予算案の成立が遅れたことで経済成長の減速に悩まされた。16年の就任から4年…

続きを読む

【第1位】大統領が任期後半へ、看板政策は見直し(2019/12/26)

政府は看板政策のインフラ整備計画を修正した=9月、マニラ首都圏ケソン市(NNA撮影)
フィリピンのドゥテルテ大統領が6年任期の後半を迎えた。統一国政・地方選挙(中間選挙)で大統領派が圧勝…

続きを読む

【第2位】公共支出停滞で景気減速、4年ぶり低水準(2019/12/26)

経済政策の基盤確立を急ぐフィリピンのドゥテルテ政権は今年、思わぬ足止めを食らった。2019年度の政府予算…

続きを読む

【第3位】大型鉄道事業、日本の支援で続々着工(2019/12/26)

南北通勤鉄道の起工式でくわ入れする日本とフィリピンの政府高官ら=2月、ブラカン州スービック湾自由港(NNA撮影)
今年前半、フィリピンのマニラ首都圏で大型鉄道事業が続々と着工した。日本政府が資金援助し、ドゥテルテ…

続きを読む

【第4位】対中関係難しい立場に、漁船衝突で(2019/12/26)

フィリピンのドゥテルテ大統領は、中国との外交で難しい局面に立たされた。大統領に就任以来、一貫して中…

続きを読む

【第5位】首都郊外で空港計画前進、混雑緩和へ(2019/12/26)

フィリピンのマニラ首都圏郊外で、複数の新国際空港の建設計画が前進した。既存のニノイ・アキノ国際空港…

続きを読む

【第6位】中国電信系に事業認可、3社目(2019/12/26)

ディト幹部に事業認可証明書を付与するドゥテルテ大統領(右から2人目)=7月(大統領府提供)
フィリピンで3社目の通信会社が誕生した。中国電信(チャイナ・テレコム)系のディト・テレコミュニティ…

続きを読む

【第7位】初のLNG基地計画、日系合弁が先行(2019/12/26)

フィリピン初となる液化天然ガス(LNG)輸入基地の建設計画で、ロペス財閥系発電大手ファースト・ジェ…

続きを読む

【第8位】米中貿易摩擦、比への生産移管進まず(2019/12/26)

米中貿易摩擦が長期化する中、中国からフィリピンに生産を移管する企業が9月時点で3社にとどまったこと…

続きを読む

【第9位】首都圏で水不足深刻化、政府が対策に本腰(2019/12/26)

フィリピンのマニラ首都圏で水道事業を手掛ける2社は、3月以降に大規模で断続的な計画断水を実施した。…

続きを読む

【第10位】ネット賭博の規制強化、閉鎖相次ぐ(2019/12/26)

フィリピン政府は、国内で働くオンラインカジノ事業者(POGO)の取り締まり強化に踏み切った。これま…

続きを読む

【番外編】グローブが5Gサービス開始、東南ア初(2019/12/26)

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムは6月、次世代通信規格の第5世代(5G)移動通信システムの家…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン