マレーシアの2019年10大ニュース

2019 top10
マレーシアの2019年はどのような年だったのか。政治・経済・社会など多方面の視点から、この1年で起きた主な出来事を切り取ります。
すべての文頭を開く

【19年の10大ニュース】停滞感漂うも安定成長維持(2019/12/27)

タンジュンピアイ補選では、野党連合の候補が2万5,466票を集め、与党連合の候補(1万380票)に圧勝した=11月16日、ジョホール州(野党・統一マレー国民組織=UMNO=提供)
2019年のマレーシアは、1957年の独立以来初の政権交代に沸いた前年とは対照的な1年となった。2年目のマハ…

続きを読む

【第1位】国民車プロトン躍進、2位返り咲き(2019/12/27)

マレーシアの自動車市場で、国民車メーカーのプロトンが躍進した1年だった。自社初のスポーツタイプ多目的…

続きを読む

【第2位】マハティール政権、信任低下で補選連敗(2019/12/27)

マハティール政権の発足2年目は、与党連合・希望連盟(PH)への国民の信任が低下した。PHは今年実施さ…

続きを読む

【第3位】経済堅調、米中摩擦下でも内需下支え(2019/12/27)

マレーシアの実質国内総生産(GDP)成長率は、通年でマレーシア中央銀行が予測する前年比4.3~4.8%に…

続きを読む

【第4位】鉄道建設の大型2案件、政府が再始動(2019/12/27)

鉄道建設の大型な2案件が再び動き出した。政府は、4月に東海岸鉄道(ECRL)計画の建設再開を決定し…

続きを読む

【第5位】前首相の初公判、不正関与を全否定(2019/12/27)

マレーシアの政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職事件で、ナジブ前首相の初公判が4月、クアラルンプー…

続きを読む

【第6位】廃プラ対応元年、レジ袋有料化進む(2019/12/27)

飲食店でプラスチック製ストローの提供を控える動きが広がった。クアラルンプールなど連邦直轄区で2020年…

続きを読む

【第7位】マレーシア航空の再建失敗、提携先模索(2019/12/27)

マレーシア航空は5年にわたる経営再建計画が失敗し、自力再建がほぼ不可能となった=スランゴール州(NNA撮影)
マレーシア政府系投資会社カザナ・ナショナルは、赤字が続くマレーシア航空の経営再建計画の失敗を認めた…

続きを読む

【第8位】EUと印がパーム油輸入規制、対策急務(2019/12/27)

欧州連合(EU)とインドによるパーム油の輸入規制が、主要生産国であるマレーシアに影響を及ぼした。マ…

続きを読む

【第9位】国内一の高層ビル開業、住宅在庫は増加(2019/12/27)

ペトロナス・ツインタワーを上回って国内で最も高いビルとなったTRXの「エクスチェンジ106」=クアラルンプール(ムリア・グループ提供)
マレーシア・クアラルンプールの国際金融区「トゥン・ラザク・エクスチェンジ(TRX)」で、国内一の高…

続きを読む

【第10位】企業景況感悪化、10年ぶり低水準に(2019/12/27)

米中貿易摩擦を背景に、製造業を中心に企業景況感が悪化した。政府系シンクタンク、マレーシア経済研究所…

続きを読む

【番外編】国王が突然退位、任期中は史上初(2019/12/27)

2019年の年明け早々、前マレーシア国王ムハマド5世が退位した。マレーシアでは、国王は各州のスルタン(…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン