疾走する南部 連結性高める集積地

Special program icon
野田佳彦首相は昨年末のインド訪問で、シン首相と南部カルナタカ州バンガロール~タミルナド州チェンナイのインフラ整備の重要性で一致した。両地域へは日系企業の進出が加速しており、集積地同士の連結性の高まりが期待を集めている。疾走する南部の日系企業の事業に焦点を当てる。
すべての文頭を開く

【南部特集】日産、年10万台は通過点:第3級都市に販売網拡大へ(2012/02/10)

南部タミルナド州チェンナイを拠点に、日系自動車メーカーとして最大手マルチ・スズキに次ぐ生産能力を備え…

続きを読む

【南部特集】製造支える日系サービス業:輸送・ITで面展開後押し(2012/02/09)

日系製造業の集積が加速する南部タミルナド、カルナタカの両州だが、製造業を支える役割を担うサービス業も…

続きを読む

【南部特集】チェンナイ周辺に衛星都市:地産地消へ国内展開も加速(2012/02/08)

インドの巨大市場の消費を取り込み、「地産地消」を目指す日系企業のインド進出には工業団地の整備が必須だ…

続きを読む

【南部特集】インフラ整備、最優先は道路:日本商工会同士の連携拡大へ(2012/02/07)

枝野幸男経済産業相は年明けに南部タミルナド州チェンナイを訪問した。ジャヤラリタ州首相との会談で、進出…

続きを読む

【南部特集】トヨタ、エティオス拡販注力:人材宝庫も育成が最大の課題(2012/02/06)

野田佳彦首相は昨年末のインド訪問で、シン首相と南部カルナタカ州バンガロールとタミルナド州チェンナイ周…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン