脚光!環境ビジネス

Envbusiness
経済成長と環境保全は両立できるのか――古くて新しい問いに近年のインドは力を入れている。目指すのは2022年までの使い捨てプラ製品の全廃や、電気自動車(EV)の普及などだ。課題から新しいビジネスを創造しようとする地場と日系企業の取り組みを追う。
すべての文頭を開く

【環境ビジネス】水不足に日本の技術 投資活発、広がる事業機会(2019/11/04)

南部では夏期に干ばつで水不足が深刻化する(PTI)
水不足が深刻化するインドで日本企業が事業機会を広げている。雨水の貯蔵システムや浄化槽の設置、工場での…

続きを読む

【環境ビジネス】地場リサイクル事業が軌道に ネプラが6都市で展開、需要莫大(2019/10/10)

ネプラの創業者兼CEOのパテル氏=9月18日、インド・西部アーメダバード(NNA撮影)
ごみのリサイクルを手掛けるインドのスタートアップ、ネプラ・リソース・マネジメント(ネプラ)が事業展開…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン