シェアリングエコノミーの現在地

Special program icon
ベトナムでスマートフォンの普及と政府のIT産業の育成強化により、個人と個人、個人と企業などを結び、モノやサービスを共有するシェアリングエコノミー(共有型経済)が広がりを見せている。新たなビジネスモデルが生み出す市場と商機を追う。
すべての文頭を開く

【シェアリング】学生の英語力、代行業に活用 広告作成や駐在員向けの買い物で(2017/04/03)

【左】各種のレビューなどがタイムラインに流れてくるリードアシティーの画面【右】投稿者を指定すると料金表が出てくる(リードアシティーのサイトより)
ベトナムのシェアリングエコノミーには、従来の輸送手段の共有に限らず、学生の英語力といったスキルをシェ…

続きを読む

【シェアリング】配達員を共有、出前に新商機 飲食店検索フーディーが収益化へ(2017/03/31)

フーディーが始めた宅配サイト「デリバリーナウ」は配達員を共有するビジネスモデルを導入している。写真はデリバリーナウの配達員(フーディー提供)
配車アプリと同様にプラットフォームを使い、飲食店にデリバリー用の配達員を提供するビジネスモデルが本格…

続きを読む

【シェアリング】配車アプリの税制に業界反発 ウーバーを非難、グラブは法順守(2017/03/30)

既存のタクシー業界からウーバーなど配車アプリ企業に対する不満の声が上がっている(写真はイメージ)=ホーチミン市
配車アプリのライドシェアリングサービスをめぐっては、アジア諸国で法律の未整備や既存のタクシー業界から…

続きを読む

【シェアリング】グラブ、ドライバー百万人へ 雇用創出と渋滞緩和で社会変える(2017/03/29)

グラブベトナムのドライバー登録講習会には連日100人以上が参加している=ホーチミン市
ベトナムでのスマートフォンの普及と政府のIT産業の育成強化により、個人間、個人と企業間などでモノやサ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン