2009年10大ニュース

No image icon
 
すべての文頭を開く

【09年の10大ニュース】底堅さ見せつけた中国経済、国家主導の統治が奏功(2009/12/30)

建国60周年にあたる今年は、中国経済の底堅さを国内外に見せつけた年だった。「中国経済が世界をけん引する…

続きを読む

【第1位】中国経済がV字回復、通年8%成長を確保(2009/12/30)

NNA中国総合版は、温家宝首相の言葉を借りれば“ピンチをチャンスに変えた”中国経済のV字回復を、今年の経…

続きを読む

【第2位】中国企業による海外企業買収、多業界で活発化(2009/12/30)

今年は、中国企業による海外大手企業の買収が活発化した年でもあった。業界も、鉄鋼など資源大手のほか自動…

続きを読む

【第3位】自動車市場が急回復、販売1,300万台規模に(2009/12/30)

昨年の低迷がうそのように、今年の自動車市場は急拡大をみせた。10月には年初からの生産・販売台数が、とも…

続きを読む

【第4位】新型インフルエンザ、中国でも大流行(2009/12/30)

世界各地で流行している新型インフルエンザ(H1N1型)は、中国でも今年5月に初の感染者が確認された後、大流…

続きを読む

【第5位】人民元建て決済導入、普及には課題も(2009/12/30)

上海市と広東省4市の計5市で、今年7月から試験導入が始まった貿易の人民元建て決済。国内の輸出企業にとって…

続きを読む

【第6位】家電、自動車……消費刺激策が続々登場(2009/12/30)

内需拡大による金融危機のダメージ回避を視野に、今年は例年にない勢いで、さまざまな消費刺激策が打ち出さ…

続きを読む

【第7位】電気自動車で先手、日産が地方政府とタッグ(2009/12/30)

未来の自動車産業の勢力図を根本から書き換える可能性を秘めた電気自動車。日産自動車は今年、外資系メーカ…

続きを読む

【第8位】ワーカーが集まらない!製造業のボトルネックに(2009/12/30)

「ワーカーが集まらない」「技術者が足りない」――珠江デルタ各地の製造現場では、自動車や家電など内需関…

続きを読む

【第9位】創業ボード設立、“中国版ナスダック”始動へ(2009/12/30)

“中国版ナスダック”が始動――。新興企業向け市場「創業板(ベンチャー・ボード)」が10月末から取引を開…

続きを読む

【第10位】日本観光ビザ解禁、個人で7月から(2009/12/30)

日本政府が、これまで団体ツアーに限定していた中国人の日本観光について、今年7月から個人にも解禁、ついに…

続きを読む

【番外編】建国60周年で交通規制強化、祝賀イベント続々(2009/12/30)

天安門で中華人民共和国の建国が宣言されてから、60年目を迎えた今年。10月の国慶節には全国各地で関連行事…

続きを読む

【番外編】日系企業が進出ラッシュ、今年も中国各地で(2009/12/30)

()内はNNA掲載日/内容は掲載時のもの ■西安で太陽電池事業、インターアクション(1月12日) ■化学品の…

続きを読む

【09年の10大ニュース】危機から一転、バブル懸念も(2009/12/30)

リーマンショックを引きずって明けた2009年は、まるで前年の急降下を巻き戻すかのように力強い回復を見せつ…

続きを読む

【第1位】人民元国際化への序章、舞台は香港(2009/12/30)

6月、香港の銀行による人民元建て債券の発行が始まった。 これまで中国本土の金融機関に限られていた香…

続きを読む

【第2位】経済効果500億HKドル、港珠澳大橋着工(2009/12/30)

全長50キロの海上橋で香港、マカオ、珠海を結ぶ総工費730億人民元(約9,500億円)の巨大プロジェクト「…

続きを読む

【第3位】新型インフル、観光業を直撃(2009/12/30)

5月1日に香港で初確認された新型インフルエンザ(H1N1型)は、観光産業に大打撃を与えた。 政府は1日夜…

続きを読む

【第4位】電気自動車元年に、日系と地場から登場(2009/12/30)

香港にとって「電気自動車(EV)元年」といえる年になった。 2月に政府は財政予算案でEVの普及促進を盛…

続きを読む

【第5位】深セン市民ビザ緩和、小売り・観光底支え(2009/12/30)

深セン市民にとって香港がますます近付いた年だった。深セン市は4月1日から、同市戸籍者を対象に個人自由旅…

続きを読む

【第6位】ワーキングホリデー、日港間で来年始動(2009/12/30)

日本と香港の間でワーキングホリデー制度が来年1月1日からスタートすることが決まった。将来を担う若者…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン