低価格競争への挑戦 ~華南の製造現場から

Special program icon
消費市場の中心が新興国へ。それと同時に激化する低価格競争が、日中間のものづくり環境を大きく揺さぶる。「高品質」「高付加価値」を売りにしてきた日系企業が、どう生き残りをかけていくのか。中国総合版・吉沢健一記者が製造業の集積地、華南の変化を追う
すべての文頭を開く

【低価格競争】真正面からグローバル競争と向き合え:◇ファイル(7)自動車メーカー編(2010/10/18)

リーマン・ショックを機に、自動車業界でも進む低価格・コスト競争。特集「低価格競争への挑戦」の最終回で…

続きを読む

【低価格】今、時計の針は中国を指す(2010/09/13)

ファイル(6)クロックメーカー編 秒針が1年、2年という単位でゆっくり動く“時代”という時計があると…

続きを読む

【低価格】転機の来料加工、それでも「世界の工場」の優位性は続く(2010/08/16)

ファイル(5)来料加工業・編 華南地区での低価格なモノづくりを支えてきた来料加工が今、転機を迎えよう…

続きを読む

【低価格】崩れるコスト体系、「脱日系」へ舵取りも(2010/07/19)

ファイル(4)ゴム成型業界編 「受発注価格がどんどん安くなっていくのに、品質は変わらない」――中国の…

続きを読む

【低価格競争】“創造的破壊力”がものづくりを変える(2010/06/21)

ファイル(3)IT・通信業界編 人の力でやっていた労働集約型の作業をソフトウェアに置き換え、汎用の機…

続きを読む

【低価格競争】新興国では“演歌歌手”をめざせ!(2010/05/10)

ファイル(2)食品・飲料業界編 大塚製薬の「ポカリスエット」が中国市場で伸びている。日本人に馴染みの深…

続きを読む

【低価格競争への挑戦】ウインドーに並んでいるモノは作らない(2010/04/12)

世界のものづくりの潮流が変わろうとしている。消費市場の中心が、先進国から中国、インドなど新興国に移行…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン