2019年 タイ年始インタビュー

Interview
電気自動車(EV)のベンチャー企業FOMMは、2月にもタイで小型EVの生産を始めます。水に浮く機能などを備えた新しいコンセプトのEVは、新たなビジネスチャンスを生むと期待されています。
同社の鶴巻日出夫社長に、EVを活用して目指す社会象やビジネスモデルを聞きました。
すべての文頭を開く

【年始インタビュー】東南アのAI実装が本格化へ 経営・社会課題に解=ABEJA(01/08)

東南アジアでディープラーニングを活用して製造現場の業務効率化などを支援している、ABEJAの外木取締役=シンガポール(NNA撮影)
人件費の高騰、依然として脆弱(ぜいじゃく)なインフラ、迫る高齢化社会――。経済成長を続けながらも、さ…

続きを読む

【年始インタビュー】EVで創る「人が中心の街」 FOMM鶴巻社長が描くアジア像(01/07)

2月に量産を始める小型EVを活用して人が中心になる社会づくりを目指す考えを述べた、FOMMの鶴巻社長=バンコク(NNA撮影)
電気自動車(EV)の製造・開発を手掛けるベンチャー企業FOMM(フォム、川崎市)は、2月にもタイで小…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン