インドシナ経済圏を拓く~東西経済回廊~

No image icon
タイ・ムクダハン~ラオス・サワンナケート間のメコン川に架けられた第2メコン国際橋の通行が1月中旬にも一般車両に開放され、ベトナムからミャンマーまでインドシナ半島を横断する道路、「東西経済回廊」が全線で開通する。NNAベトナム版編集部では、沿線地域の発展戦略や日系企業の取り組みなどについて4回にわたって伝える。
すべての文頭を開く

【東西経済回廊】東西回廊「育成」、日本が取り組む(2007/02/06)

タイから部材の供給を受けているベトナム北部の日系メーカーにとって、バンコク~ハノイを3~4日間で結ぶ東…

続きを読む

【東西経済回廊】ダナン、「離陸」への鼓動(2007/01/23)

東西経済回廊が物流の動脈へと成長するには、玄関港の都市であるベトナム中部ダナン市が、後背地であるラオ…

続きを読む

【東西経済回廊】内陸国ラオス、起爆剤を期待(2007/01/16)

東西経済回廊の第2メコン国際橋(第2友好橋)の完成で、ラオスはタイとベトナムの二大消費市場と一本でつな…

続きを読む

【東西経済回廊】明日への大動脈(2007/01/09)

昨年12月20日、タイ・ムクダハン~ラオス・サワンナケート間のメコン川で第2メコン国際橋(第2友好橋)の開…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン