ASEAN経済共同体 第2部 通関簡素化の理想と現実

No image icon
東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)が目指す「通関の簡素化」は、在ASEAN日系企業が最も大きな期待を寄せる目標項目の一つです。日本とASEANは、アジアに切れ目のない市場を作り出す「アジアカーゴハイウエー構想」を掲げており、域内の貿易自由化を進める中、通関の電子化、効率化にも取り組んでいます。各国の各省庁を電子システムでつなぎ、申請手続きを一つの窓口で処理するナショナル・シングル・ウインドー(NSW)、さらにASEAN全体でそれを実現するアセアン・シングル・ウインドー(ASW)への道のりは遠いのか。各国現地取材でその実態を探りました。
すべての文頭を開く

【ASEAN経済共同体】シングルウインドーへ遠い道程:課題つぶしに「10年かかる」(2015/10/06)

【最終回(第11回)】東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)が目指す「通関簡素化」は、実…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】ミャンマー、ゼロからの近代化:日本支援も旧制度の払拭進まず(2015/10/02)

【第10回】2011年に民政移管するまで長年、鎖国状態を続けていたミャンマー。税関は前近代的で、電子化はお…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】メコン初、ラオスで一括通関:陸送ハブ化で通関簡素化も(2015/09/29)

【第9回】大メコン圏(GMS)で初めて、2カ国の通関手続きを一本化した「シングルストップ検査(SSI…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】ベトナム、強まる事後検査:電子化・法改正で通関簡素化も(2015/09/22)

【第7回】ベトナムの税関総局は、輸入通関貨物の事後検査を強めている。2014年の電子通関システムの刷新、…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】税関不信が生んだ「不介入」:フィリピン、一括窓口は遠く(2015/09/18)

【第6回】フィリピンでは、物流会社泣かせの賄賂の要求やHSコード(関税番号)の解釈違いをめぐるトラブ…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】物流ハブ目指す動きに逆行:マレーシア、優等生が保護主義化(2015/09/15)

【第5回】マレーシアは、東南アジア諸国連合(ASEAN)でシンガポールに次ぐ高い水準の通関簡素化を実…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】貿易円滑化へ消極的な省庁:不安残る海洋国家の港湾改革(2015/09/11)

【第4回】インドネシア政府の保護主義に加え、輸出入手続きの一元化を目指す「インドネシア・ナショナル・…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】インドネシア、保護へ輸入規制:認可・検査に企業は疲弊(2015/09/08)

【第3回】インドネシアは国内産業保護の姿勢を強くし、非関税障壁による輸入規制を厳格化している。日本貿…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】統合でも残る通関後の不安:タイ税関が「見えない壁」に(2015/09/04)

【第2回】タイは、日系メーカーが集積する東南アジア諸国連合(ASEAN)のサプライチェーンの要衝とし…

続きを読む

【ASEAN経済共同体】物流ハブが誇る高効率通関:先行するシンガポール(2015/09/01)

【連載第1回】2015年末に発足予定の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)が目指す「通関…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン