タイ高齢化の諸相

181002 aging
タイの高齢化が急速に進んでいます。高齢者が人口に占める割合の増加ペースは日本より速く、2027年から人口は減少に転じ、35年には65歳以上が21%以上を占める超高齢化社会が到来します。高齢化がもたらす諸相を追求します。
すべての文頭を開く

【高齢化の諸相】官・学・病院で地域包括ケア 佐久市のノウハウ、介護に生かす(12/07)

ドゥアンチャイさん(右)宅を訪れ、リハビリの進展具合をチェックする佐久市の訪問団メンバーら=10月、チョンブリ県(NNA撮影)
介護福祉士や介護保険制度が未整備のタイで、自治体と大学、病院が一体となり、在宅の高齢者を見守ろうとい…

続きを読む

【高齢化の諸相】介護施設、日系も徐々に展開 高価格でも日本式サービス武器に(11/02)

介護士(左)と一緒にレッドコードで運動するマユリーさん(中)とサガさん=10月、バンコク(NNA撮影)
日本で高齢者施設を展開する企業が、タイに進出し始めている。入居料は地場の施設の2倍近い高額だが、日本…

続きを読む

【高齢化の諸相】「白紙市場」日系が先陣争い 腎臓病米飯、介護食品導入も図る(10/18)

ホリカフーズが開発した介護食品の数々=7月、バンコク(NNA撮影)
腎臓病患者向けの「低たんぱく米飯」の開発・普及を巡り、タイで日系企業が先陣を競っている。食事をかむ力…

続きを読む

【高齢化の諸相】1人暮らしを「遠隔見守り」 日本のセンサー技術、普及目指す(10/17)

見守り対象の高齢者宅の位置を示すサムットサコン病院の看護師たち=9月10日、サムットサコン県(NNA撮影)
少子高齢化が進むタイで、家族が24時間付き添えない高齢者を、誰がどう見守るか。この問題の解決を、日本企…

続きを読む

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

「タイの高齢者ビジネスの市場規模は年7~8%のペースで拡大している」と語るスーポン氏=バンコク(NNA撮影)
われわれは果たして先進国になれるのか――。そんな危機感がタイ国内で高まっている。賃金上昇による国際競…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン