インドネシア労務のツボ

160413 labor idr icon
インテリジェンスHRソリューションズ・インドネシア(PERSOL)で人事労務コンサルティング部門を担当する森智和氏が、現地での長年の経験を踏まえ、人事・労務事情を分かりやすく解説。

筆者紹介

森智和氏/インテリジェンスHRソリューションズ・インドネシア
すべての文頭を開く

【労務のツボ】第94回「在宅勤務」(03/26)

新型コロナウイルスの感染拡大により、わが社へ問い合わせが殺到しています。当初、ご相談の多くは、「ビザ…

続きを読む

【労務のツボ】第93回「社長交代、不要な定款変更」(03/11)

取締役/コミサリスに就労ビザ(ビザインデックス312)を取得させ、インドネシアで経営者として就任させる場…

続きを読む

【労務のツボ】第92回「早期退職」(02/26)

早期退職による人員整理を検討される日系製造会社が後を絶ちません。昨今の最低賃金上昇による利益の圧迫、…

続きを読む

【労務のツボ】第91回「残業と残業代」(02/12)

「日本本社から、“インドネシア拠点の時間外労働(残業)時間”について問われているが、労働法ではどのよ…

続きを読む

【労務のツボ】第90回「インドネシア人取締役」(01/22)

「インドネシア人従業員を取締役に就任させようと考えていますが留意点はあるでしょうか?」。こういったご…

続きを読む

【労務のツボ】第89回「1月に押さえるべきポイント」(01/08)

新年、明けましておめでとうございます。2020年がスタートしました。年末年始の休息を終えたのも束の間、1…

続きを読む

【労務のツボ】第88回「私、森智和(2)」(2019/12/26)

2019年もわずか1週間足らずとなりました。帰省される方も多いことでしょう。この1年、お疲れさまでござい…

続きを読む

【労務のツボ】第87回「2020年最低賃金Q&A」(2019/12/11)

今年10月15日、インドネシア労働大臣が2020年の州別最低賃金の上昇率を8.51%とすることを発表しました。こ…

続きを読む

【労務のツボ】第86回「雇用形態あれこれQ&A(2)」(2019/11/27)

インドネシアの雇用形態に関するご相談やトラブル事案を日々受ける中で、経営に携わる皆様においても参考と…

続きを読む

【労務のツボ】第85回「雇用形態あれこれQ&A(1)」(2019/11/13)

インドネシアの雇用形態に関するご相談やトラブル事案を日々受ける中で、経営に携わる皆様においても参考と…

続きを読む

【労務のツボ】第84回「賃上げと賃金表の運用」(2019/10/23)

当コラムのタイトルを見ただけで胃が痛くなる読者もいらっしゃるのではないでしょうか。翌年度の予算策定を…

続きを読む

【労務のツボ】第83回「2019年祝日・年休取得奨励」(2019/10/09)

毎年10月ごろより、来年度の会社カレンダーや顧客向けのカレンダーを作成する企業は多いものです。そこで重…

続きを読む

【労務のツボ】第82回「人事労務Q&A(4)」(2019/09/25)

インドネシアという異国の地では、日本の常識が通用しないこともしばしばあるものです。アジア最悪と評され…

続きを読む

【労務のツボ】第81回「人事労務Q&A(3)」(2019/09/11)

インドネシアという異国の地では、日本の常識が通用しないこともしばしばあるものです。アジア最悪と評され…

続きを読む

【労務のツボ】第80回「人事労務Q&A(2)」(2019/08/28)

インドネシアという異国の地では、日本の常識が通用しないこともしばしばあるものです。アジア最悪と評され…

続きを読む

【労務のツボ】第79回「人事労務Q&A(1)」(2019/08/14)

インドネシアという異国の地では、日本の常識が通用しないこともしばしばあるものです。アジア最悪と評され…

続きを読む

【労務のツボ】第78回「政府役人の汚職の手口」(2019/07/24)

インドネシアを含め新興国では、権力を持つ政府役人による汚職が横行しています。われわれには何とも理解し…

続きを読む

【労務のツボ】第77回「知って損はない“株主と役員”」(2019/07/10)

インドネシア赴任で初めて役員(取締役・コミサリス)となった駐在員も多いのではないでしょうか。役員とし…

続きを読む

【労務のツボ】第76回「定年は57歳」(2019/06/26)

インドネシアでは多くの会社で従業員の定年を「55歳」と設定し、長らく運用されてきましたが、それは過去の…

続きを読む

【労務のツボ】第75回「よく使う行政用語」(2019/06/12)

インドネシアの行政手続きではさまざまな専門用語、その他省略語が多用されます。新規赴任者や後任者のビザ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン