インドネシア労務のツボ

160413 labor idr icon
インテリジェンスHRソリューションズ・インドネシア(PERSOL)で人事労務コンサルティング部門を担当する森智和氏が、現地での長年の経験を踏まえ、人事・労務事情を分かりやすく解説。

筆者紹介

森智和氏/インテリジェンスHRソリューションズ・インドネシア
すべての文頭を開く

【労務のツボ】第129回「年次有給休暇Q&A」(10/13)

皆さまもよくご存じの「年次有給休暇」(以下、年休)。当たり前に理解しているものだと思っても、いざ管理…

続きを読む

【労務のツボ】第128回「日本人現地採用」(09/22)

ふと思えば、「日本人現地採用」について取り上げた記事やコラムはありませんでした。過去には“セカ就”と…

続きを読む

【労務のツボ】第127回「人事用語2021」(09/08)

日々の業務で、“言葉の壁”というものは大きな障害となるものです。インドネシア人の人事担当者へ英語で求…

続きを読む

【労務のツボ】第126回「試用期間のトラブル」(08/25)

日本では、労働基準法で試用期間の長さに定めがないため、3カ月や6カ月、中には9カ月など会社によってさ…

続きを読む

【労務のツボ】第125回「在宅勤務Q&A」(08/10)

インドネシアでは、医療、飲食料品、物流など政府が認定した産業、および工業省の認可を得た製造業を除く企…

続きを読む

【労務のツボ】第124回「療養・隔離中の賃金など」(07/28)

ここのところ、インドネシアでは新型コロナウイルスの感染者・死者数の急増、そして社内でも感染者が出るな…

続きを読む

【労務のツボ】第123回「外国人による人事行為=違法」(07/14)

「外国人が人事に携わってはならない」という規定がインドネシアの労働法に存在します。以前も当コラムで取…

続きを読む

【労務のツボ】第122回「契約報奨金Q&A」(06/23)

労働法改正に関する政令『2021年第35号(以下、政令)』に基づき、契約社員に対し既に契約報奨金の支払いを…

続きを読む

【労務のツボ】第121回「法改正による規則の改定」(06/09)

2020年11月2日付でオムニバス雇用創出法が制定、今年2月2日付で労働法に関する政令第35号(新法)が制定され…

続きを読む

【労務のツボ】第120回「労働法の基礎」(05/17)

インドネシアに新規赴任される駐在員が増えてきました。これからインドネシアの経営に携わる皆さまに労働法…

続きを読む

【労務のツボ】第119回「THR(レバラン手当)」(04/28)

今年のレバラン(断食明け大祭/イドゥル・フィトリ)は5月13日と翌14日の2日間です。ただし、新型コロナ…

続きを読む

【労務のツボ】第118回「労働法改正(3) 有期雇用Q&A」(04/14)

労働法改正の中で、多くの企業で影響を受ける有期雇用(契約社員)に関し、さまざまな疑問や臆測が湧き起こ…

続きを読む

【労務のツボ】第117回「労働法改正(2) 契約報奨金」(03/24)

注目される労働法改正について、2020年11月2日付でオムニバス雇用創出法(新法)が制定され、21年2月2日…

続きを読む

【労務のツボ】第116回「労働法改正(1) 契約の延長」(03/10)

注目される労働法改正について、2020年11月2日付でオムニバス雇用創出法(新法)が制定され、21年2月2日…

続きを読む

【労務のツボ】第115回「オムニバス労働法改正の政令“案”」(02/24)

16日付でオムニバス雇用創出法の労働法分野を含めた49の運用規則(細則)が法制化されたと報じられています…

続きを読む

【労務のツボ】第114回「就業規則の理解と登録トラブル」(02/10)

会社におけるルール、これを「就業規則」といいます。このたびは、この就業規則の正しい理解と、ジャカルタ…

続きを読む

【労務のツボ】第113回「コロナ下の賃金改定」(01/27)

今年も春闘の時期がやってきました。賃金改定の時期について製造業では1月が多く、非製造業では4月までに…

続きを読む

【労務のツボ】第112回「2020年の振り返りと今年の展望」(01/13)

明けましておめでとうございます。この年末年始、一時帰国を断念された方も多く、景気も含め新型コロナウイ…

続きを読む

【労務のツボ】第111回「Q&A年末特大号」(2020/12/23)

毎年この時期は「賞与」「賃金改定」「翌年の最低賃金」に関するご相談が占めていましたが、今年はそれに加…

続きを読む

【労務のツボ】第110回「雇用創出法に関して(2)」(2020/12/10)

11月2日付で雇用創出法(Undang-Undang Cipta Kerja)が制定、施行されています。2021年2月初旬までを目標…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン