ミャンマー探訪

150831searchmm mmk icon
日本のミャンマー研究者がそれぞれのテーマで、まだあまり知られていないミャンマーの一面を掘り下げる。
すべての文頭を開く

【探訪】バガン第8回 世界遺産に住む人々(06/25)

ミンナントゥ村(筆者撮影)
バガンの世界遺産地域には、いくつもの町と村が含まれている。こうした町や村は相互に関係しあうことで地域…

続きを読む

【探訪】バガン第7回 伝統化粧品タナカー、無形文化遺産登録へ(05/28)

ニャウンウーの市場に並ぶタナカー(筆者撮影)
ミャンマー政府は伝統化粧品であるタナカーを無形文化遺産に登録するため、今年3月、ユネスコに提案書を提…

続きを読む

【探訪】バガン第6回 バガンを潤す「水」(04/30)

トゥイン山と山上のパゴダ(筆者撮影)
自然環境と人間社会の関係。これがミャンマー中部の遺跡都市バガンの世界遺産登録時に織り込まれた、新しい…

続きを読む

【探訪】ミャウーの世界遺産登録に向けた動き(03/26)

ムラウウーの仏塔(筆者撮影)
ミャンマー政府は中部の遺跡都市バガンに続く世界遺産として、ラカイン州の旧都ムラウウー(ミャウー)の登…

続きを読む

【探訪】バガン(5)世界遺産バガンの管理体制(02/27)

修復作業中のティーローミンロー寺院(筆者撮影)
ミャンマー政府は、中部の遺跡都市バガンの世界遺産登録に合わせて、文化財の管理体制を刷新した。新しい状…

続きを読む

【探訪】バガン(4)バガンの保全と中国・インド(01/30)

アーナンダー寺院(筆者撮影)
ミャンマーを代表する文化遺産となった中部の遺跡都市バガンには、国際協力の波も押し寄せるようになった。…

続きを読む

【探訪】ICJへの提訴をめぐるガンビアの事情(2019/12/27)

ロヒンギャ迫害をめぐる審理に出廷したアウン・サン・スー・チー氏(左端)らミャンマー弁護団=10日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(共同)
西アフリカの小国ガンビアが、ミャンマーを国際司法裁判所(ICJ)に提訴したことは国際社会を驚かせた。…

続きを読む

【探訪】バガン(3)軍政時代の「遺産」(2019/11/28)

2016年地震の被害状況(スラマニ寺院)(筆者撮影)
ミャンマー中部の遺跡都市バガンが世界遺産に登録されるまでには紆余曲折があった。最初の試みは1990年代の…

続きを読む

【探訪】バガン(2)バガンの世界遺産登録(2019/10/31)

ダマヤンジー「寺院」(筆者撮影)
ミャンマー中部の遺跡都市バガンの最大の特徴は、歴史的な仏教建造物が他に例を見ないほどの数と規模で集積…

続きを読む

【探訪】バガン(1)バガンの世界遺産登録(2019/09/26)

平原に点在する仏塔群(筆者撮影)
ミャンマーを代表する仏教遺跡であるバガンが、今年世界遺産に登録された。だが、国際的な知名度とは裏腹に…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(22)ミャンマー・バングラ関係の今後(2019/08/29)

ラカイン州ミャウー(筆者撮影)
2016年のラカイン州問題諮問委員会の設置は、地域の現状を外部の目が検証する貴重な機会となった。だが、そ…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(21)NLD政権の発足とラカイン問題(2019/07/25)

ヤンゴン(筆者撮影)
テイン・セイン前政権時代に本格化した諸改革により、ミャンマーは華々しい脚光を浴びた。だが、ラカイン州…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(20)中国のベンガル湾進出(2019/06/27)

ラカイン州シットウェ沖合(筆者撮影)
2010年代以降のイスラム教徒少数民族ロヒンギャ難民危機は、これまで以上に国際社会での注目を集めた。国連…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(19)2012年のラカイン暴動(2019/05/30)

ネピドー
2011年に始まるミャンマーの民主化改革は国際社会を驚かせた。日本でもブームが起きたことは記憶に新しいが…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(18)領海問題とその解決(2019/04/25)

シットウェの旧灯台
ベンガル湾の海底には、膨大な石油や天然ガスが貯蔵されている。20世紀末に明らかになったこの事実は、ミャ…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(17)天然資源開発の開始(2019/03/28)

ラカイン州の海岸(筆者撮影)
ミャンマー・バングラデシュ両国間に横たわる最大の懸案事項は、1970年代に始まり、いまだ終わりが見えない…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(16)2000年代のラカイン情勢(2019/02/28)

2006年のヤンゴン中心部(筆者撮影)
1990年代に起きたロヒンギャ難民危機は、ミャンマーとバングラデシュ両国の合意に基づく帰還実施により、表…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(15)90年代のバングラデシュ(2019/01/31)

インド・トリプラ州(筆者撮影)
1980年代末にミャンマーの民主化運動が高揚していた頃、バングラデシュでも政変が進展しつつあった。ミャン…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(14)90年代のロヒンギャ問題(2018/12/27)

ラカイン州内の農地(筆者撮影)
■1.90年代の難民事件の始まり 90年代のロヒンギャ問題が、新たな軍政成立のきっかけとなったミャンマー…

続きを読む

【探訪】緬バングラ関係(13)民主化運動とロヒンギャ問題(2018/11/29)

ヤンゴン大学
1980年代末の大規模な民主化運動は、アウン・サン・スー・チー登場の契機となった現代ミャンマー政治の出発…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン