日本発EVメーカーの戦略

Ev icon
アジア各国・地域で気候変動対策としての脱炭素化が課題となる中で、電気自動車(EV)市場に日本発のベンチャー企業が相次いで参入しています。
前編では日本で需要が急拡大する商用EVを巡って中国企業などに生産委託するファブレスメーカーの戦略、後編ではアジア市場を狙って乗用EVを開発してきた日本企業が新型コロナウイルスの流行を経て練り直した戦略を取り上げます。
すべての文頭を開く

新興国開拓、コロナ後に照準 日本発EVメーカーの戦略(下)(02/11)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け事業戦略を見直したFOMMの鶴巻日出夫社長=21年12月22日、川崎市(NNA撮影)
アジアの電気自動車(EV)市場は中国を除いて発展の初期段階にあるものの、近年販売台数が増え始めている…

続きを読む

EV生産コスト下げ、販路広げる=FOMM(02/11)

FOMMの新たな事業戦略について語った、鶴巻日出夫社長=21年12月22日、川崎市(NNA撮影)
2019年にタイで電気自動車(EV)を量産する初のメーカーとなったFOMM(川崎市)。新型コロナウイルス…

続きを読む

タイでEV生産継続、日本向けも視野=高野(02/11)

タイでのEV製造・販売の今後の戦略を語る、高野自動車用品製作所の菱田保之社長=1月5日、東京(NNA撮影)
商用車向けの自動車用品を中心に手掛ける高野自動車用品製作所(東京都大田区)は、タイで電気自動車(EV…

続きを読む

ファブレス生産で商用車供給 日本発EVメーカーの戦略(上)(02/10)

小型EVトラックをファブレス生産で供給しているHWエレクトロの蕭偉城社長=1月21日、東京(NNA撮影)
気候変動対策としての脱炭素化に向けた取り組みが企業の経営課題となりつつある中、化石燃料を使う内燃機関…

続きを読む

軽EVに風穴、活用広がる=HWエレクトロ(02/10)

日本の小型EVトラック市場の商機について語る、HWエレクトロの蕭偉城社長=1月21日、東京(NNA撮影)
2021年に小型電気自動車(EV)トラック「ELEMO(エレモ)」シリーズを相次いで発売した、EVファブ…

続きを読む

企業ニーズに沿うEV開発を=フォロフライ(02/10)

フォロフライの小間裕康代表取締役(本人提供)
2021年8月に設立された電気自動車(EV)ベンチャー、フォロフライ(京都市)は、ファブレスメーカーとし…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン