ASEANビジネス最前線

210507 aseanbusiness
日本の企業にとって重要度がますます高まる東南アジア市場で、各国の企業はどのような「打ち手」を展開し、ビジネスを創出しているのか。ドイツの経営戦略コンサルティング大手ローランド・ベルガーのコンサルタントが、地場企業や欧米企業の現地市場での動向を読み解き、日系企業がビジネスを加速させるためのヒントを導き出す。
すべての文頭を開く

【ASEANビジネス】GoTo(Gojek+Tokopedia)のインパクト(第3回)(09/17)

ゴジェック、グラブといった東南アジアの配車サービスは、今や「スーパーアプリ」と呼ばれるようになった。…

続きを読む

【ASEANビジネス】東南アジアにおけるキッチンOSの可能性(08/24)

「キッチンOS」という言葉を聞いたことはあるだろうか。調理家電をIoT化し、キッチン周辺のアプリを連…

続きを読む

【ASEANビジネス】カンボジア自動車産業のこれから(07/23)

カンボジアの自動車市場が変革を迎えつつある。カンボジアでは新車販売の割合は極端に少なく、市中で走る自…

続きを読む

【ASEANビジネス】Alibabaの伝統小売向けDX「DREAM(n)」 (第2回)(06/11)

東南アジアは個人経営、家族経営の零細商店が小売チャネルでいまだ大きなシェアを占める。ショッピングモー…

続きを読む

【ASEANビジネス】欧米消費財企業の東南アジアでの勝ちパターン (第1回)(05/11)

東南アジアの食品・飲料といった消費財系市場は、歴史的に欧米企業が形成してきた。実際、ネスレやコカ・コ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン