クーデター、危機のサムライ経営者たち

Myanmar icon
2月1日のクーデターで、ミャンマーの経営環境は暗転した。治安の悪化、通信の制限、経済のまひ。悪条件下でもミャンマー人と向き合いながら奮闘を続ける日系企業の経営者たちに迫る。
すべての文頭を開く

【危機のサムライ経営者】困窮する村「待つ人がいる」 NPOの医師、混乱下も巡回続く(04/29)

支援活動により井戸ができた村で、子どもたちと完成を祝う名知さん(前列右から2人目)=1月8日、エヤワディ管区(MFCG提供)
ミャンマー最大都市ヤンゴンから車で約6時間。医師の名知仁子(58、敬称略)が運営する非営利組織(NPO…

続きを読む

【危機のサムライ経営者】宅配ハイソー、無期限休業 事態改善を見込めず決断(04/22)

デリバリー業務に出発するハイソーの配達員。代表の高田は、配達員を「家族」と呼ぶ=2020年、ヤンゴン(同社提供)
ミャンマーで自転車での宅配や電子商取引(EC)を手掛ける新興企業「ハイソー(Hi-So)」が、無期限の休業…

続きを読む

【危機のサムライ経営者】ヤター「撤退、絶対しない」 越境ITサービスで存続図る(04/05)

ヤター・ミャンマーの市川社長。海外案件などの開拓により、生き残りを図る=3月25日、バンコク(NNA)
ミャンマーで飲食店や美容ショップ、医療機関の紹介アプリを運営する日系ベンチャー企業のyathar(ヤター)…

続きを読む

【危機のサムライ経営者】「若者の力を一層実感」 ドリームジョブ、BPO開拓(04/01)

介護人材を育成する日本語学校「ドリームジョブアカデミー」の授業風景。新型コロナウイルスの感染拡大後に切り替えたオンライン授業も、現在は中断している(ドリームジョブ・ミャンマー提供)
人材派遣のウィルグループ(東京都中野区)と業務提携するミャンマー企業のドリームジョブ・ミャンマーが、…

続きを読む

【危機のサムライ経営者】必需品の供給、混乱下で継続 リンクルージョン、農村事業守る(03/25)

顧客の小売店に商品を配送するリンクルージョンのスタッフ=2020年8月、ヤンゴン管区カウム郡区(NNA)
ミャンマー国軍による2月1日のクーデターから約2カ月。悪化する事業環境の中、現地の社会的な課題の解決…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン