【香港を制した巨龍たち】その42・包玉剛「TOB」

包玉剛が保有船腹の大半を売却していく過程では、当然痛みを伴った。リース先の船会社が倒産し、リース料を回収できないケースもあったからである。「香港商戦風雲禄」の記述によると、「包玉剛が負わされた不良債権で最大のケースは、損失額は明らかになっていないが、日本の海運…

関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計1102人(06/05)

金融当局が香港ドル売り介入、9.8億HKドル(06/05)

前行政長官、「踏み絵」迫る 国家安全法、英銀2行が支持(06/05)

8割が国家安全法に懸念、香港米国商会調査(06/05)

香港、天安門の追悼強行=安全法に反発(06/05)

採決強行、国歌条例案を可決=香港立法会(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

中国、香港マカオ担当組織を格上げか(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン