中華圏企業、そろり稼働:デモ沈静化も残る傷跡

南部各地で反中デモの嵐が吹き荒れた週が明けた19日、各省市の工業団地では中国系、台湾系も含めた多くの企業が操業を開始した。18日にホーチミン市中心部でデモが強制排除されて以降、全国各地でデモの報告はなく事態は沈静化に向かっている一方で、放火などの被害があった工場に…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(17:56)

船の大型化、越港湾も対応 貿易量拡大、JICAが開発支援(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

日系2社のベトナム特別便、3月に増便(01/15)

20年の二輪販売、17%減の271万台(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン