反中デモ、台湾系企業の被害額最大5億米ドルも

台湾経済部の沈栄津次長は27日、ベトナムの反中国デモで現地に進出する台湾系企業の工場などが破壊された問題で、暴動による台湾側の被害額が最大で5億米ドル(約510億円)に上る可能性を明らかにした。 行政院(内閣)は同日、台湾系企業の被害対策チームの会合を開催。21日から…

関連国・地域: 台湾ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(17:56)

船の大型化、越港湾も対応 貿易量拡大、JICAが開発支援(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

日系2社のベトナム特別便、3月に増便(01/15)

20年の二輪販売、17%減の271万台(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン