• 印刷する

首都封鎖でMICEツアー急減、損失10億B

国際会議推進協会(TICA)のスメート会長は、昨年来の反政府デモの拡大と今月13日から始まった「バンコク封鎖」の影響で、1~3月のMICE(ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビション)関連ツアーの予約が50%以上キャンセルされたと明らかにした。16日付ポストトゥデーが報じた。

企業のインセンティブツアーや会議が行き先・会場をタイからシンガポール、マレーシア、米国、アラブ首長国連邦(UAE)などに変更する動きが出ている。既に10億バーツ(約32億円)以上の損失が発生しているという。

政局混乱が収束しても、タイの安全性に対する信頼が回復するには、6カ月~1年ほどかかるとみており、政府機関のタイ会議・展示会事務局(TCEB)に抜本的な対策を求めていく考えだ。

TCEBは今年のMICE関連市場を前年比10%増の960億バーツに引き上げる目標を打ち出している。ただ、混乱が長引けば達成はほぼ不可能とみている。


関連国・地域: タイマレーシアシンガポール米国中東
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「フィリピン、ベトナム…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

8月のメーカー別車輸出、10社中7社が減(09/30)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年8月)(09/30)

EV協会、充電設備のATM並み普及に注力(09/30)

JBIC、車部品の光生アルミに再び融資(09/30)

全日空、11月から成田への帰国便を再開(09/30)

首都空港第2期、22年4月に移管準備完了(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン