【最新データでみる!韓国日系企業・給与動向】第4回・年齢別/語学力別給与

今回は、年齢と語学能力で給与を分析します。在韓日系企業の従業員の多くは、日本語ー韓国語、もしくは英語ー韓国語のバイリンガルです。韓国語のみの場合と、日本語もしくは英語ができる人材とでは、給与差があるのでしょうか?また、さらに日本語・英語・韓国語のトライリンガル…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学校の登校が順次再開さ…(06/04)

韓国造船が大型受注で安堵 雇用維持に貢献、安値受注に課題(06/04)

新型コロナ感染者、49人増の1万1590人(06/04)

5月の消費者物価、原油安でマイナスに(06/04)

19年の1人当りGNI、4年ぶりマイナス(06/04)

5月末の外貨準備高、33.3億米ドル増(06/04)

現代製鉄が電気炉停止、受注減で生産調整へ(06/04)

ルノーサムスン労組、強気の賃上げ要求へ(06/04)

SKT、ミャンマーのサイバー保安市場進出(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン