【債権回収実務】仲裁による債権回収の留意点

◇第30回 Q.仲裁により債権を回収するには、どの程度の時間および費用がかかるのでしょうか?また、この他どのような点に留意すべきでしょうか? ◇1.仲裁合意の有無とその法的効力の確認 債務者との売買契約に紛争解決方法として仲裁を約定し、当事者間で紛争が発生した場合、…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、FA強化へ地場メーカーに出資(17:25)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(17:25)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(18:04)

米国債保有残高、23カ月連続で中国が首位(17:13)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

テイクオフ:ドラゴンボートレースは…(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

レアアース規制「策定中」 発改委、対米輸出規制を再度示唆(06/18)

訪台中国人観光客が大幅回復 ビザ条件緩和が奏功、5月82%増(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン