• 印刷する

テイクオフ:浸水地域の各所で水が引…

浸水地域の各所で水が引き、新聞やテレビでは、残された大量のゴミをいかに処理するかという問題が論じられている。バンコクだけで数十万トンとも数百万トンともいわれるゴミが発生し、マンパワー不足で今もその半分以上が放置されたままという。

こういう時こそ、誰しもにゴミを減らす努力が求められる。しかし、元来物が豊かで使い捨てに抵抗のないタイには、分別回収が十分定着しておらず、お世辞にもゴミ問題に対する意識が高いとはいえない。

道路脇の巨大なゴミの山は、ゴミ問題をおろそかにするとこうなってしまうよという絶好の教材だ。実感しにくいゴミ分別の意義を子供たちに教え込むよい機会になるだろう。これからはなるべくゴミを出さないようにしようと思う子供がわずかでも増えるなら、それは今回の洪水がもたらした数少ない恩恵のひとつとなる。(継)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

飲料F&N、タイのスターバックス買収(05/24)

4月車生産、半年ぶり2桁増 輸出用は鈍化傾向も国内向け好調(05/24)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

マグウェーの太陽光発電所、月内に一部稼働(05/24)

4月の車輸出7.5%減、対欧州など振るわず(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

首都西部の高速道建設、中国勢が過半受注へ(05/24)

首都空港の免税店運営事業、3社が応札(05/24)

マプタプット港拡張の入札報告、28日に提出(05/24)

発電公団の燃料用パーム油調達、供給未達(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン