• 印刷する

ユニクロに罰金、違法な長時間労働で

台北市労工局は12日、違法な長時間労働をさせていたとして、カジュアル衣料店チェーン「ユニクロ」など4社に罰金を科したと発表した。いずれも外資系の小売業者で、年間を通じて書き入れ時となるセールの一つ「周年慶」期間中に起きていた。労働基準法の改正を受けて、当局は違法な就労をさせた会社名を公表することが許されるようになり、台北市は厳しい姿勢で臨んでいる。

ユニクロを展開するファーストリテイリング(FR)は9月23日に世界6店目のグローバル旗艦店を台北市内の明曜百貨店内に開いた。この旗艦店で10月上旬、1日の勤務時間が12時間を超える違法な長時間労働があった。地元紙やテレビの報道が伝える罰金額は2万台湾元(約5万1,400円)から4万元までとばらつきがある。FRの台湾現地法人、台湾優衣庫はNNAに対し「罰金額については、当局から正式な通知をまだ受け取っていないので分からない」とコメントした。

労工局の正式発表の前から、同社で労働基準法に抵触する違法労働があったと地元メディアに報じられていた。同社関係者は「当社はもともと長時間労働はしてはいけない会社。管理はしていたが、オープン後のタイミングで起きた。それを受けて改善措置を取ったが、具体的な改善内容は対外的に公表していない」と語った。

FR以外には、カナダのカジュアル衣料店チェーン「ルーツ」と高級ブランドの「シャネル」、ファストファッションの代表格であるスペインの「ZARA」の運営会社に罰金が科された。罰金額は2万~4万元という。これら3社はいずれも台北国際金融大楼(台北101)の店舗で、長時間労働、または一定期間内に十分な休日を与えていなかったことが違法と判断された。


関連国・地域: 台湾日本カナダ欧州
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

検査キット実名制購入、15日から第4弾(08/12)

22年のGDP成長率予測、3.76%に下方修正(08/12)

新型コロナの域内感染者、12日は2万1761人(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

上場企業売上高、7月の最高 観光が大きく増収、ハイテク好調(08/12)

EEZ落下は習氏決断、弾道ミサイル(08/12)

台湾現状変更「させない」、米下院議長(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン