• 印刷する

スラウェシ回廊の開発費、15年までに1.6兆円

シャリフ海洋漁業相は21日、2025年までの「インドネシア経済開発加速・拡大マスタープラン(基本計画)」の6回廊のうち東部のスラウェシ島での開発について、12~15年にかけて計83事業に193兆ルピア(約1兆6,000億円)の投資が必要と明らかにした。

スラウェシ回廊の開発責任者を務める同相は、「スラウェシは金融、科学技術、人材、物流、インフラなどの面で大きく遅れている」と指摘した上で、鉄道や港湾、空港などを国際水準に引き上げるほか、損傷の激しい道路などを改修して物流網の改善を進めることが先決との認識を示した。

15年までの具体的な開発案件としては、北スラウェシ州ビトゥン港の拡張に4,250億ルピアを投じる計画を示し、このうち今年は400億ルピアをすでに割り当てており、来年以降は12年に300億ルピア、13年と14年にそれぞれ1,725億ルピアを投じると明言した。

このほか長期的な計画である鉄道網の敷設に関しては、第1期工事が南スラウェシ州マカッサル~ソロアコ(全長700キロメートル)、第2期が同州パレパレ~パサンカユ(同400キロメートル)、第2期がパサンカユ~北スラウェシ州マナド(1,000キロメートル)になると説明。このほか、南スラウェシ州マミナサタに200キロメートルの鉄道を敷設するという。

スラウェシ島経済回廊の開発は、全体で2,400兆ルピアを要すると見込まれている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

マルチファイナンス業界、上半期は27%増益(15:28)

パプアの3州分立、24年総選挙の区割り急務(15:28)

テイクオフ:いつも利用する生鮮食料…(08/09)

首都の交通データ販売開始 村田製作所、州政府に35カ所(08/09)

豪への観光客、3割強まで回復 中国人減もインド人などが増加(08/09)

中国・五菱の小型EV生産開始、世界初(08/09)

首都EV展示会、来場者は4万5000人(08/09)

航空運賃さらに引き上げ許可、燃油費高騰で(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン