• 印刷する

スラウェシ回廊の開発費、15年までに1.6兆円

シャリフ海洋漁業相は21日、2025年までの「インドネシア経済開発加速・拡大マスタープラン(基本計画)」の6回廊のうち東部のスラウェシ島での開発について、12~15年にかけて計83事業に193兆ルピア(約1兆6,000億円)の投資が必要と明らかにした。

スラウェシ回廊の開発責任者を務める同相は、「スラウェシは金融、科学技術、人材、物流、インフラなどの面で大きく遅れている」と指摘した上で、鉄道や港湾、空港などを国際水準に引き上げるほか、損傷の激しい道路などを改修して物流網の改善を進めることが先決との認識を示した。

15年までの具体的な開発案件としては、北スラウェシ州ビトゥン港の拡張に4,250億ルピアを投じる計画を示し、このうち今年は400億ルピアをすでに割り当てており、来年以降は12年に300億ルピア、13年と14年にそれぞれ1,725億ルピアを投じると明言した。

このほか長期的な計画である鉄道網の敷設に関しては、第1期工事が南スラウェシ州マカッサル~ソロアコ(全長700キロメートル)、第2期が同州パレパレ~パサンカユ(同400キロメートル)、第2期がパサンカユ~北スラウェシ州マナド(1,000キロメートル)になると説明。このほか、南スラウェシ州マミナサタに200キロメートルの鉄道を敷設するという。

スラウェシ島経済回廊の開発は、全体で2,400兆ルピアを要すると見込まれている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(17:17)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン