• 印刷する

LED複合機の市場開拓進む、富士ゼロなど

省エネと小型軽量化が可能な、発光ダイオード(LED)ヘッド搭載のプリンターや複合機への注目が高まっている。大手プリンター・複合機メーカーがLEDヘッド搭載機の開発を進めており、今後メーカー間の競争は激化すると予想される。デジタルタイムスが伝えた。

韓国富士ゼロックスは9日、新型複合機「DacuCentre4」を発売し、LEDプリンター市場へ本格的に進出した。同製品は、1,200ドット・パー・インチ(dpi)の高解像度セルフスキャンLEDと高性能注文型半導体(ASIC)により、全ての発光素子に対して精密かつ統合的な制御を可能にしたのが特長だ。また、従来品に比べて消費電力も70%に抑えられる。

韓国エプソンはこのほど、LED光源を利用した複合機とプリンターを数種類投入するなど、市場の開拓を進めている。同社の「AcuLaser」シリーズは、ボディーとトナーを小型化し、高速出力を実現したと、同社は説明する。韓国沖システムズは、1979年からLEDヘッドを自社開発に取り組んでおり、約30年間蓄積してきたノウハウを活用し新製品を発売した。

LEDヘッド搭載機は、従来品よりも消費電力が少ないため高い省エネ効果があるほか、レーザー方式と比べて小型軽量化が可能だ。また、反射ミラーを回転させる駆動部がないため、騒音や振動も小さい。業界関係者は「サムスン電子やヒューレット・パッカード(HP)などがLEDプリンター市場に参入すれば、市場拡大はさらに加速するだろう」と話した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

「半地下住宅」を撤廃へ ソウル市、豪雨で被害相次ぐ(08/12)

新規感染者13.7万人、死者59人増(08/12)

サムスン、折り畳みスマホの新モデル発表(08/12)

サムスンとLG、最新ディスプレーを紹介(08/12)

7月ICT輸出0.7%減、携帯電話など不振(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン