• 印刷する

東シナ海大陸棚、韓国が拡張を申請へ

東シナ海の日韓大陸棚共同開発区域に関し、韓国政府は早ければ年末にも国際連合(UN)に自国の大陸棚拡張を主張する立場を公式表明するとみられる。ソウル経済新聞が伝えた。

同地域は、サウジアラビアの10倍近い天然ガスや石油が埋蔵されているとされ、日本と韓国、中国がそれぞれ権益を主張している。

政府関係者によると「専門家とともに、東シナ海の大陸棚海底探査や傾斜度、埋蔵鉱物などに対する会議・調査を続けてきた」とし、「この作業が終わる今年末に、国連の大陸棚限界委員会(CLCS)に対し韓国の立場を盛り込んだ公式文書を提出する予定」という。

文書には、朝鮮半島で発生した大陸棚が東シナ海および沖縄海域まで伸長したというこれまでの主張と同様の内容になるとみられる。これにより、東シナ海を囲む3国での所有権争いが表面化する可能性が高い。


関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン