• 印刷する

森田化学が合弁、フッ化水素酸事業で

森田化学工業(大阪市)が、半導体用フッ化水素酸事業で、韓国に進出した。

同社と韓国のENFテクノロジーによる合弁会社「フェムテクノロジー」が、このほど忠清南道牙山市に完工した。

森田化学の出資比率は30%。フッ化水素酸とBOEの生産を行う。月産規模は計2,000トンで、サムスン電子やハイニックス半導体などの半導体メーカーに供給される。森田化学は、出張ベースで技術指導員を派遣すると同時に、安定的な原材料の供給を行う。一方ENFは、研究開発およびマーケティングを支援する。

森田化学関係者はNNAの取材に対し、「これまで韓国の半導体用フッ化水素酸市場はテクノセミケムが独占していた。しかし、新たにフェムテクノロジーが事業参入することで、サムスンやハイニックスへの供給も安定するだろう」と話した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

放射能問題が新たな火種に 相次ぐ検査強化、五輪絡め批判も(08/23)

韓国が軍事協定を破棄、輸出規制強化に対抗(08/23)

アシアナ航空がダナン線増便、日韓減便も(08/23)

日韓議連総会が不透明に、政府間対立で(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

韓国とイスラエル、FTA交渉妥結(08/23)

7月の生産者物価、2年9カ月ぶり下落(08/23)

SKシルトロン、海外営業を本社一括対応(08/23)

ベンツコリア、部品物流センターを2倍に(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン