• 印刷する

韓国富士ゼロックス、生保社と文書管理協約

韓国富士ゼロックスは20日、メットライフ生命と文書環境改善のための業務協約を結んだと発表した。

今後、メットライフ生命の本社および全国の支店で使用している複合機やプリンターなど約1,000台の出力機器を、富士ゼロックスが統合管理することになる。文書環境を調査・分析するほか、機器のメンテナンスや作動状態のモニタリングを通じて文書出力に関する効率性向上と費用削減を目指す。

また同日、両社はメットライフ生命社屋内に、文書管理アウトソーシングサービスを一貫して行う文書出力センターをオープンした。同センターでは、文書作成から発送、管理に至るすべての書類関連業務を富士ゼロックスが一括で請け負う予定で、デジタル印刷機および複合機、ソリューションの専門担当者を配置する。

協約締結について、メットライフ生命の崔グァンシク購買・総務チーム長は「企業の文書セキュリティーに対する警戒心が増大している中、同サービスの導入でコスト削減やセキュリティー強化にもつながるとみている」と話す。

韓国富士ゼロックスの担当者はNNAの取材に対し、「今後、韓国に進出している日系企業や、海外に拠点を持つグローバル企業へのサービスにも力を入れていきたい」と話した。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 電機その他製造IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン