• 印刷する

テイクオフ:「香港と同じように、中…

「香港と同じように、中国本土の日本料理店も打撃を受けているのか?」という質問を日本にいる知人から受け、返答に窮した。先週末訪れた広州の寿司屋は順番待ちの賑わいだったし、上海でオープンした豚骨ラーメンの店も、警官が出て整理に当たるほどの行列ぶりだったと聞いている。

実は、福島第1原発事故以前から、中国本土が輸入を許可していた日本産の食品・農産物は少なかった。日本料理の多くは、中国国内で仕入れた材料で料理されているのだ。水産品には大連産が少なくない。この辺、香港とは事情が異なる。

消費者もそんな事情を知っているからなのか、幸い事故後も「日本食イコール放射線」という単純なイメージはそこまで広まっていないようだ。ただ日本からの直輸入食材を売りにしていた店もあり、決して影響が少ないとは言えない。(吉)<広東>


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

中華圏「安全都市」、香港は13位に転落(07/19)

華為と5G商業契約の通信会社、50社以上に(07/19)

TSMC、5G需要に期待感 業績に自信、3Qは2割増収へ(07/19)

テイクオフ:2本のビール瓶の王冠を…(07/19)

環境保護で15業界に格付け 減産などで差、政府が検討か(07/19)

華為などの通信製品、公的機関の購買禁止へ(07/19)

商標の審査時間を短縮、年内に5カ月以内へ(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

住宅建設と公共工事、保証制度の活用促進(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン