• 印刷する

パンギリナン氏、政府の鉱業課税案を批判

鉱業大手フィレックス・マイニングを運営する実業家、マヌエル・パンギリナン氏はこのほど、政府が予定する鉱山企業への新たな課税制度に強硬な反対姿勢を表明した。投資減退を招くだけでなく、鉱山各社の経営を危機にさらす暴挙と強く非難している。5日付マラヤなどが伝えた。

パンギリナン氏が問題視しているのは、鉱業各社の売上高または粗利益を課税基準に設定する政府案。「鉱物価格の低下などにより経営難に陥った状況下で現在の政府案が実施されれば、鉱山各社の経営は確実に行き詰まる」と述べ、売上高や粗利益ベースではなく、税引き前の利益に課税する方法などを検討すべきと訴えた。

今年1~6月の投資額(認可ベース)は鉱業政策の不透明感などが影響し、前年同期比48%減の1億6,000万米ドル(約131億6,000万円)。政府は厳しい現状を受け、通年目標を当初予定の22億7,000万米ドルから5億924万米ドルに下方修正している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン