• 印刷する

自動車・バイクの道路維持費、来年1月に徴収開始

自動車・バイクに対する道路維持費が来年1月1日から徴収される。今年6月1日から始まる予定だったが、景気低迷のため先送りされていた。10月30日付ベトナムネットが報じた。

財務省の道路維持費徴収に関する指針案によると、50~100ccのバイク、電動自転車は1台当たり年間5万ドン(2.4米ドル、約190円)~10万ドン、100cc以上は同10万~15万ドンが課される。半年ごと、または1年ごとの納付が可能。

自動車の場合、月13万~104万ドンが徴収される。支払いは年1回で、登録日によって異なる。

国内で短期的に使用するために輸入された外国車は使用期間に応じて道路維持費が徴収される。

一般乗用車の場合、登録機関に道路維持費を支払う。一時輸入された外国車は、地方の運輸局に納付する。バイクについても地方当局が道路維持費を徴収する。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

新規感染3295人、3カ月ぶり3千人上回る(19:57)

北部の電力逼迫、峠越える 節電と水力フル稼働、続く綱渡り(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

30年時点の石炭火力は25~31%、商工省最新案(08/18)

JERA、地場再エネ大手に150億円出資(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン