• 印刷する

韓国系企業、中国から事業拠点移転の動き

韓国商工会議所はこのほど、複数の韓国系企業が中国からフィリピンに事業拠点を移転する方向で検討していることを明らかにした。

エドワード・チャン会頭は中国での人件費上昇を敬遠し、韓国系企業の間では東南アジア諸国連合(ASEAN)各国に事業拠点をシフトする動きが強まっていると説明。中でも「優秀な人材を抱え、順調な経済成長を遂げているフィリピンは有望な進出先」との見方を示した。

移転を検討している企業名は公表されていないが、同会頭は「主に電子部品や衣料関連企業、リゾート開発、ゴルフ場運営企業などがフィリピン進出に関心を示してる」とコメント。フィリピン経済区庁(PEZA)のデリマ長官も「既に複数の韓国企業から打診を受けている」と明らかにした。

一方、チャン会頭は外国企業の出資比率制限がフィリピン進出を決定する上での障害になっていると指摘。「外資関連の規制が緩和されれば、韓国企業による投資はさらに加速する」と訴えた。

5日付ビジネスワールドなどによると、今年8月末時点でフィリピンの経済区で操業する韓国系企業は282社。昨年の投資額は2億600万米ドル(約165億5,800万円)に達した。


関連国・地域: 中国韓国フィリピンASEAN
関連業種: 繊維金融建設・不動産IT・通信観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン