• 印刷する

百貨店が若者に着目、専用サービスで集客

デパートが10~30代をターゲットに専用スペースを設けるなど、売り上げ増加に加えて若者層の固定客確保に力を入れている。毎日経済新聞が伝えた。

現代百貨店は今年、ソウル陽川区の木洞店に若者向け顧客専用VIPルーム「Uラウンジ」をオープンした。オープンから200日後には、これらを利用する顧客の年平均購買額がルーム導入前に比べ37.5%急増したという。同ラウンジは、18~35歳までの専用カード利用者のうちVIP階級の顧客のみが利用でき、休憩スペースのほか、無料のドリンクサービスが提供されている。また、情報技術(IT)機器や若者に人気のメーカーなどと協力した限定品の展示販売なども好評だ。ただ、若者専用VIP会員になるためには年間100万ウォン(約7万3,700円)以上の購買履歴があればよく、それほど壁が高くないことから利用者が増えすぎているという一面もあるようだ。

先月大規模なリニューアル工事を終えたロッテ百貨店本店のヤングプラザでは、地下に「Y広場」をオープン。10~20代向けの専用空間として、アイドル歌手のコンサート映像を視聴したり人気芸能人のグッズを購入したりできる。また、14~35歳の顧客を対象にした専用カードで、未来の顧客確保に乗り出しているもようだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者17.9万人、死者61人増(10:48)

テイクオフ:8月6日にリニューアル…(08/18)

「超高齢社会」25年に到来 最速ペースで、経済の土台揺らぐ(08/18)

尹氏「譲歩と理解で解決」、日韓歴史問題(08/18)

新規感染者18万人、126日ぶり高水準(08/18)

サムスンがNAND236層品、研究拠点も(08/18)

サムスン、スマホ・DRAMのシェア拡大(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン