• 印刷する

テイクオフ:日本とタイが71年前に…

日本とタイが71年前に交戦し双方で約200人の死者を数えたマナオビーチは空軍基地内にある。バンコクから南に300キロのプラチュアプキリカン市内からトゥクトゥクに乗ると、検問がないまま空軍基地に入り、滑走路を横断し10分で着く。

地元の人で賑わうビーチだが、近くの空軍キャンプでは毎年12月8日未明に慰霊式典が行われる。8日の前後の日には、縁日がたち、歌謡ショーが開催される。お祭り気分なのがタイらしい。

父親が戦闘で肩を負傷した、という50代の女性に会った。「戦争は昔の話だ。学校でもここでの戦闘のことはもう教えていない。日本は今では一番の友人だから、それでいい」とわだかまりはない。「日本の過去」を声高に叫ぶことはないタイ人。だが、基地内の両国の国旗は、「過去の歴史を忘れるな」と、さりげなく語っているように思えた。(遠)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の非常事態宣言解除、デモ収束は不透明(10/22)

首相に3日以内の辞任要求、デモ隊譲歩せず(10/22)

ミャワディ経由のタイ国境貿易、60%減少(10/23)

デジタル元の越境決済、香港政府も協力検討(10/23)

上陸拒否外国人1万人超、虚偽申請8割(10/23)

海外ツアー再開はまだ先、文化観光省が指示(10/23)

テイクオフ:雨期明けを惜しむかのよ…(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン