• 印刷する

9月CPIは2.96%上昇、果物など押し上げ

行政院主計総処が発表した9月の消費者物価指数(CPI、2006年を100とする)は110.39ポイントで、前年同月比2.96%上昇した。うち野菜・果物の価格は、気候の影響を受けた上、比較対象となる前年同月の水準が低かったため上昇幅が大きかった。

7大品目別では食品類が6.54%と上げ幅が最大だった。うち、果物が29.04%、野菜が26.26%と全体を押し上げた。水産品は供給が減ったため、4.71%上昇した。

野菜・果物を除くと1.65%の上昇。さらに水産品とエネルギーを除いたコアCPI上昇率は0.93%だった。

CPIは前月比では0.33%下落した。豪雨と台風による野菜の価格急騰が一段落し、17.02%と大きく下落したほか、旅行費もハイシーズンが過ぎたため下落した。6日付工商時報によると、主計総処は「天候の安定が続けば、10月の野菜の価格はさらに下がり、物価全体の上昇圧力が弱まる」と予測している。

9月の卸売物価指数(WPI、06年を100とする)は111.49ポイントで、前年同月比2.19%の下落。1~9月のCPIは前年同期比で1.96%上昇した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 農林・水産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、9日は2万3458人(15:37)

テイクオフ:日本に一時帰国すること…(08/09)

7月輸出額、2番目の高水準 433億米ドル、半導体は2桁増(08/09)

中国軍、台湾演習を継続=圧力常態化(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ミサイル台湾越え認める、国防部「厳密に把握」(08/09)

中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止(08/09)

中国軍事演習で懸念共有、外相が国連総長と会談(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン