• 印刷する

テイクオフ:ゾウは古くは戦闘時の王…

ゾウは古くは戦闘時の王族の乗り物として用いられた。今でも飼育施設などで白象が見つかると、王族の権威の象徴として王室に献上される。記録によると約160年前には10万頭近くいたそうだが、多くの森林が失われた現在では2,700頭足らずに減少してしまった。政府は1998年、絶滅防止などを目的として毎年3月13日をゾウの日に決めた。

彼らをみかけるのは、もっぱら観光地。先日、日本から来た知人と家族を中部アユタヤのゾウセンターに連れて行ったら、子どもたちはとても喜んでいた。聞けば日本にはゾウがいないという。どうりで日本人は興味深々なはずと納得した。

昔は敵と戦い、今では観光地の人気者。踊りやサッカー、絵画を披露し、愛嬌(あいきょう)を振りまく芸達者なゾウたちは大切な収入源だ。彼らがタイを支えてくれていることは、昔も今も変わらない。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは1932年6月…(06/29)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

食品デリバリー、市況に変化 コロナ後の利用減や燃料費高騰で(06/29)

感染者1761人、死者は2月以降で最少(28日)(06/29)

クオンタム、EV量産へトライアル車が完成(06/29)

グリーンライン延伸区間、近く料金徴収開始(06/29)

金宝電子、タイで新たに3工場が稼働へ(06/29)

ハチソン、レムチャバン港新埠頭に荷役設備(06/29)

MRTブルーライン、運賃4円引き上げ方針(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン