• 印刷する

電子書籍コンテンツが15万に、活性の兆し

しばらく停滞していた電子書籍市場だが、コンテンツの増加や大手書店による専用端末機発売などにより市場に活性化の兆しが見え始めた。

デジタルタイムスによると、今月21日時点での韓国国内の電子書籍用コンテンツは約15万種類で、昨年末から50%ほど増加したことが分かった。従来の紙ベースの書籍市場を侵害するとの理由から、発刊に消極的だった出版社の認識が近ごろ変わり始めたことが背景にあるという。業界関係者は「電子書籍に保守的な姿勢を見せていた出版社も、情報技術(IT)機器を活用しない限り既存の出版市場も見通しは暗いとの考えが強まった」と話した。

コンテンツの種類にも変化が見られる。これまでは文学が多数を占めていたが、最近ではエッセーや人文学、社会関連、また大統領選挙関連のコンテンツが豊富になった。

大手書店も市場活性化に積極的だ。教保文庫で販売中の書籍コンテンツは、今年上半期(1~6月)には13万種に増えた。毎月2,000種以上が電子書籍として変換もしくは発刊されており、昨年末から約50%近く増加した。

一方で、大型書店が協力して先月発売した電子書籍用端末機もこれまでに約8,000台が売れるなど好調だ。端末機市場規模も今年は10万台へと昨年から2倍近く拡大した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機その他製造IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者17.9万人、死者61人増(10:48)

テイクオフ:8月6日にリニューアル…(08/18)

「超高齢社会」25年に到来 最速ペースで、経済の土台揺らぐ(08/18)

尹氏「譲歩と理解で解決」、日韓歴史問題(08/18)

新規感染者18万人、126日ぶり高水準(08/18)

サムスンがNAND236層品、研究拠点も(08/18)

サムスン、スマホ・DRAMのシェア拡大(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン