• 印刷する

日立電線、東部工場で増産:パワステ用トルクセンサー2倍に

日立電線は25日、自動車部品のグローバル供給体制を強化するため、タイの製造子会社AHCLタイランドを通じ、電動パワーステアリング(EPS)用トルクセンサーの製造能力を増強すると発表した。新設備は2013年春の稼働を予定。14年度までにEPS用トルクセンサーの製造能力を11年度比で約2倍に高める。

AHCLのEPS用トルクセンサーの生産能力を増強する背景には、自動車メーカーが世界戦略車の導入を加速させ、グローバルな最適地生産が進んでいること、日系自動車メーカーが輸出対応から海外生産拠点をより強化させていることがある。こうした動きを受けて海外各地で部品需要が高まっているため、日立電線もグローバルな供給体制を強化する。

AHCLは日立電線の完全子会社で、東部チョンブリ県アマタナコン工業団地に工場を持ち、EPS用トルクセンサーのほかアンチロック・ブレーキシステム(ABS)センサー、ブレーキホースなどの生産を手掛けている。今年5月にはブレーキホース管体(チューブ)の生産能力増強を発表。日本から生産設備の一部を移管し、2013年度に11年度比で約2倍にするとしている。

新たに生産能力を増強するトルクセンサーは、シャフトに掛かる回転方向の力を検出し、電気信号に変える装置。トルクセンサーを搭載するEPSは、油圧式パワーステアリングに比べてエネルギー損失が少なく、省スペース化が図れることから、日本、欧州を中心に搭載が進む。北米、中国などでも燃費規制などへの対応から搭載比率が高まっており、さらなる需要拡大が期待されている。

日立電線は今後も、グループでグローバルな視点に立ったマーケティングに基づいた最適地での製造・販売体制を構築し、海外事業の強化を図るとしている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「東京とバンコクは、ど…(08/15)

住宅市場、コンド中心に回復 在庫は減、中国の投資再開に期待(08/15)

新規の感染1773人、死者30人(12~14日)(08/15)

長城汽車、タイでの販売が通算1万台に到達(08/15)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/15)

宅配新興カーゴX、売上高110億円目標(08/15)

タイ・ラオスと結ぶ貨物鉄道、10月運行開始(08/15)

物流ワイスが上期7割増益、下期も好調予測(08/15)

宅配ケリー、上期の取扱量は35.7%増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン